栄冠ナイン2020プレイ記

栄冠ナインモードとは?私が栄冠ナインに出会った日

投稿日:2020年6月23日 更新日:

KONAMIの人気野球ゲーム「実況パワフルプロ野球」(CS版)の最新作が来月7月9日に発売される。既に予約受付も始まり、2週間後の発売が待ち遠しい。近年は同じくKONAMIの人気作プロ野球スピリッツ(CS版)と隔年で販売する方式を採用しているようだが、これはスマホゲーム全盛時代の影響だろうか。

パワプロシリーズは長く愛されている人気シリーズだが、その中でも私が好きなのは「栄冠ナイン」モードだ。栄冠ナインモードは2007年発売の「パワプロ14」で初搭載され、その後は一時廃止されていたが、「パワプロ2014」で復活。その後は継続して搭載されていて、新作の「パワプロ2020」でもしっかりと搭載されている。

栄冠ナインは、プレイヤーが高校野球の野球部の監督となり、選手を育成して全国制覇を目指すモード。選手を育成するという点では「サクセス」に似ているが、栄冠ナインモードは少し違う。まず、プレイヤーは監督という立場なので、選手が卒業してもプレイが続いていく。つまり、クリアという明確な終わりが無く永久に楽しめるため、非常に中毒性が高い。

試合はオートで進行していくため自操作はできない。自分の出番は作戦コマンドで選手に指示していくシステムのため、自分で好きに操作して育成したいプレイヤーにはサクセスモードの方が向いている。そういう面で、同じ選手育成モードではあるが、「サクセス」と「栄冠ナイン」は遊び方の差別化が図られているので素晴らしいと思う。

私が初めて栄冠ナインをプレイしたのは「パワプロ2014」だった。当時は栄冠ナイン復活を望む声が多く、栄冠ナインはそれほど面白いモードなのかと期待を膨らませていたのを覚えている。そして、いざ発売され栄冠ナインをプレイしてみると、あっという間にはまってしまい、ユーザーが復活を望んでいた理由がよく理解できた。

最初はもちろん弱小高からスタートするためなかなか勝つのが難しいが、少しずつ着実にチームを強化していき試合に勝てた時の嬉しさは一入だ。その後は機動力重視や打撃力重視など少しずつ自分の色を加えながら理想のチームを作り上げていく。良い感じに戦力が整った代に限って格下に負けたりするとコントロールを投げたくなるし(実際投げた・・・それも一度や二度ではない・・・)。ただゲームとはいえそれも野球だし、そういう面も含めてもかなり楽しむことができるモードだ。

そしてその栄冠ナインモードの楽しさをできるだけ多くの人に知ってもらいたいと思い、このサイトを開設した。発売まで約2週間。新要素も加わり、さらに改良された栄冠ナインの情報を少しでもみなさんに届けたいと思うし、プレイできる日を楽しみに待ちたい。

-栄冠ナイン2020プレイ記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【栄冠ナイン記#1】2020栄冠ナインで全国制覇を目指す旅Part1

2020年7月9日に発売された「eBaseballパワフルプロ野球2020」。私自身はPS4のDL版を購入しました。今回のお目当てはもちろん栄冠ナイン。栄冠ナインをパワプロ2014で初めてプレイして以 …