プロ野球観戦記

日替わり捕手で臨んだ開幕3連戦。正捕手は梅野ではないのか?

投稿日:

テーマはプロ野球観戦記としながらも連日阪神中心の議題になるのをお許しいただきたい。この3連戦、巨人と阪神の出来はまさに対照的だった。両チームの実力差が明確に出た3連戦だったと思うし、逆に言えば阪神サイドの戦略で気になるポイントが多かった。その一つが、スタメン捕手が3試合とも違ったことだ。もちろん、その作戦面の内情はベンチにしかわからないことで、それが3連敗の直接の原因だとは思わない。そのため、外野から采配面を批判することは避けたいし、内情が分からない者がそうすべきではないと思うが、今回は阪神の捕手事情について、少しだけ考察してみようと思う。

まず開幕戦、梅野隆太郎がマスクをかぶった。2年連続ゴールデン・グラブ賞に輝くなど今や押しも押されもせぬ阪神の正捕手である。捕手としての守備力(ブロッキング・スローイング)は申し分なく、打撃面も2割5分~6分前後の数字を2年連続でマークし、捕手としては御の字。今年も梅野を正捕手として1年間戦うものだと思っていた。

しかし、2戦目にマスクをかぶったのは原口文仁。これはこの日先発の岩貞祐太との相性を考えての起用だろう。その原口は打撃面でもホームランを放つなど正捕手奪取に向けてアピールに成功した。ただ、2戦目にして梅野を外す選択を採ったことには正直驚いた。

そして3戦目。この日はガルシアと坂本誠志郎バッテリーで試合に臨んだ。つまり、開幕3連戦3試合連続で違う捕手がマスクをかぶることになったわけだが、これは実に2リーグ分立後球団史上初のことらしい。

梅野、坂本、原口。1軍登録されている捕手3人のレベルは他球団と比べてもかなり高い。梅野の陰に隠れがちだが、坂本もキャッチングや打撃センスの良さなど、全体的にレベルが高い。今季はオープン戦・練習試合でスローイング面でも成長した姿を見せるなど、捕手が固定できていないチームなら主戦捕手として出場していてもおかしくない選手だ。

3人目の原口も守備面では梅野・坂本に劣るが、勝負強い打撃を含めた総合力で考えれば十分1軍戦力だし、首脳陣がこの3人のさらなるレベルアップを期待して競争意識を煽ろうとする意図は読み取れる。

この試合、スポニチのTwitter企画で前監督の金本知憲氏がファンからの質問に答えるというコーナーがあり、その中で興味深い発言があった。

(捕手併用について)「監督時代は投手の希望を聞いて選んでいた時期があった。最後の年は梅野で固定できたけど。今年は投手の意見を聞いているのかも」

なるほど。2年前まで現場にいた前監督の発言だけに、かなりの説得力があるし、自身の経験談も含まれているのでとても参考になる。今年は120試合制になり、より1試合の重みが増す。そこで、首脳陣は調子や相性に合わせて捕手を併用していく戦い方を考えているのかもしれない。しかし、それは梅野・坂本・原口の実力があるのが前提で、そういう意味では2年連続ゴールデン・グラブ賞の梅野でさえ、まだ確固たる信頼は得られていないのかもしれない。

しかし、私個人の考えを述べると、今年も梅野中心で戦っていくべきだと思う。何せ梅野は金本監督時代1番伸びた選手で、待望久しかった生え抜きの正捕手である。生え抜きに限らずとも、年間通じて任せられる正捕手が固定できたのは2010年の城島健司氏以来だし、その前は現役時代の矢野監督まで遡る。経験がモノを言うポジションだけに簡単に育てられるポジションではなく、守備の要である捕手はある程度固定して戦う方がチームとしては安定するのではないだろうか。

この3連戦は違ったが、今季も主戦は梅野という構図は恐らく変わらない。そこに坂本・原口がどこまで食らいついていけるか。レベルの高い3人の捕手がいるという強みを存分に活かして、チーム内競争の活性化を期待したい。

-プロ野球観戦記
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西勇輝のプロ初ホームラン

プロ野球がついに開幕!巨人vs阪神の開幕戦を少しだけ振り返る

昨日、プロ野球がついに開幕した。開幕が延期され、実に3ヶ月遅れの開幕である。ただ、当面の間は無観客で行われるため、プロ野球が開幕したという実感が湧くのはまだ先になりそうだ。 観客がいないため、静寂に包 …

no image

阪神はいつまでボーアを我慢できるのか?ボーアに求められていること

今シーズンから阪神に加入したジャスティン・ボーア。MLB通算92本塁打の実績を持ち、長打を打てる選手が不在の阪神にとっては打線の核となってもらいたいと願って獲得した選手である。開幕戦は4打数無安打、2 …